スーパーに所狭しと並ぶ野菜や果物。

しかし、つやつやで新鮮に見える国産の農作物の農薬は半端ではないのだそうだ。


その量は世界でもトップクラスで中国や韓国に次いで3位という不名誉な順位になるのだ。

これは日本は高温多湿であるため、虫が発生しやすく、
また、農業従事者の不足から農薬を借りなくては農作物の生産が間に合わないからである。


さらに追い打ちをかけるのは展着物の使用である。


これは農薬が雨で落ちないようにノリの役割をするものであるがこのせいで、ますます農薬は水に落ちない状態で野菜や果物にはりついているのである。

家族の健康を考えればこのまま策を立てずに野菜を食べるのは恐ろしいことなのである。

かといって無農薬野菜を常に使うというのはかなりキツイ。


スーパーで手に入る野菜を安全なものにする方法を考えるのが得策であろう。

そのためにも農薬や放射性物質まで除去できるというベジセーフに、期待が集まるの当然のことなのである。


➡ベジセーフの公式サイトへ